『肌断食』~角質培養はじめました~ HOME > カテゴリー [洗顔 ]

泡立てネットは雑菌だらけ【清潔な濃密泡で洗顔する方法】

2015.04.29.Wed.10:58
f8e7a2df068ae2953907ae3c97a07f1f_s.jpg

泡立てネットは雑菌だらけ

モチモチの泡ができると人気の洗顔ネット
使っている人も多いアイテムですが、気をつけないと雑菌だらけになっているかも。

水気を切らず濡れたままで保管しているのは危険。
特に、浴室は湿気が多いので、カビも生えやすく雑菌が繁殖しやすい環境です。

雑菌やカビが繁殖したネットで洗顔すると、ニキビや肌トラブルの原因になるだけでなく、せっかくの石けんの効果も半減してしまいます。

泡立てネットの保管方法

1番重要なのは、洗顔後はタオルなどで水気を切り、しっかり乾燥させること。そして、定期的な天日干しも必要です。
泡立てネットの寿命は1年なので、寿命がきたら交換もお忘れなく。

しかし、これだけ気をつけても、浴室にカビが発生している場合は、泡立てネットにも繁殖してしまうかもしれません。
想像以上に清潔を心がけておかなければならないので、便利なアイテムだけど、保管方法はけっこう大変なのです。

清潔な濃密泡をつくる方法

泡立てネットのように雑菌の心配をせずに、きめ細かなモチモチ泡を作れるアイテムがあります。

P4280013.jpg

マイクロバブルの泡が作れるawa hour あわわ ロヤルホワイト
去年発売され、今テレビや口コミで話題の泡だて器です。

こちらは、プラスティック製なので、しっかり水が切れて雑菌が繁殖する心配がありません。
さらに、泡立てネットよりも細かい泡を作ることができます。

使い方も簡単で、蓋に洗顔をつけて容器の目盛りまで水を入れて上下させるだけなので、失敗することはありません。
詳しい使い方は、公式サイトの動画をご覧ください。



カフェラテのミルクを泡立てる時に使うミルクフォーマ―に似ています。

泡立てネットで作る泡がふわふわの泡だとすると、
あわわで作った泡は、ホイップクリームのようなクリーミーな泡で、何とも言えないトロンとした気持ちの良い感覚です。

私は、ミヨシの無添加洗顔せっけん 40g×2を使って泡立てています。

添加物たっぷりの洗顔フォームに比べると、泡立ちは劣りますが、
それでも十分なくらいキメの細かい泡が作れます。

P4280017.jpg

洗顔だけでなく、体を洗う時やシャンプーにも使えるので便利です。

特にシャンプーは薄めて泡立ててから使わないと、頭皮の刺激になるので、頭皮が敏感な方や、石けんシャンプーの泡立てにも使えます。
きめ細かな泡なので、泡切れもよく洗い流しやすいです。

洗顔する時はこすらず、泡を肌に押し当てるようにしてとお肌を傷つけずに洗いましょう。

あわわは全国のロフトや通販で取り扱っています。
色はホワイトとピンクとブルーの3色。


自分で泡立てるのが面倒ならば、水と石けん基材だけで作られた泡で出てくる石けんを使うと簡単です。


洗顔は、間違った方法をすると肌を傷める原因になってしまうので、こういったアイテムをうまく使って、肌トラブルを予防していきましょう。

関連記事:洗顔石鹸の選び方
関連記事:石けんだけでメイクを落とす方法




☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

ニキビにも水洗顔が効果的な理由

2015.03.23.Mon.17:07
肌断食のメリットの一つ、ニキビが出来にくい肌になる
この効果は私も身をもって実感しています。

先日『肌断食』~before after~を公開しましたので、
まだご覧になっていない方は、よろしければ先にチェックお願いします。

ニキビが出来る原因
①皮脂分泌が多い
皮脂が出すぎると、毛穴に詰まり、酸化してニキビになります。

②乾燥しすぎている
お肌が乾燥すると、表面がカサブタのように硬くなってしまって毛穴が詰まります。

この2つに共通していえることは、洗いすぎです。

ニキビは「アクネ菌」が原因だというのは有名な話ですが、
実はアクネ菌は弱い菌で、それほど繁殖能力はありません。

アクネ菌を目の敵のようにして、殺菌効果の高い洗顔を使っていると、
肌の常在菌のバランスは崩れ、余計お肌が悪化してしまいます。

殺菌するよりも、肌のバリア機能を正常にしてあげることの方が重要です。

洗いすぎることによってお肌は乾燥し、
さらに乾燥が進むと皮脂を補おうとして、大量の皮脂が分泌されるようになります。

ニキビで皮膚科に行っても、しばらく洗顔をやめて薬だけつけなさいと言われるでしょう。
もちろん、化粧品の使用もNGです。

ニキビはお肌の炎症です。
手を怪我した時にハンドクリームを塗りませんよね。
まずは、自己治癒能力を引き出してあげることが重要です。

水洗顔を始めると、最初は皮脂がベトベトして気持ち悪いかもしれませんが、しばらくすると、皮脂の分泌も落ち着いてきます。
個人差はありますが、お肌の回復には時間がかかるので、
最低でも3カ月は様子を見てみましょう。

間違った方法では、お肌の回復も遅れてしまうどころか、
悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

以下の3つのポイントは、必ず守りましょう。
■こすらない
■温度は35℃くらいのぬるま湯
■皮脂の多い部分は念入りにながし、乾燥しやすい部分はささっと

洗顔については、以前水洗顔のポイントのお話もしましたので、
よろしければ、そちらもチェックしてみて下さいね。




☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

冬でもぬるま湯洗顔で乾燥しない肌に育てよう

2014.10.26.Sun.12:00
こんな洗顔していませんか?

最近寒くなってきたから洗顔は温かいシャワーで済ましちゃおう♪
お湯のほうが汚れもスッキリ落ちるし、すぐ保湿すれば大丈夫でしょ~

ちょっと待ったー!STOP!!
それが肌を乾燥させてしまう大きな原因です。


熱いお湯で洗顔はNG

たとえどんなに寒くてもぬるま湯洗顔が絶対です!

なにも冷たい水で洗顔しろと言っているわけではありません。
37度以下のちょっと冷たいかな?くらいの温度で大丈夫です。

皮脂や汚れは35度くらいのぬるま湯で落ちるようにできています。
ファンデーションなど特別なものを塗っていないかぎり
洗顔料を使わなくても大丈夫だそうです。

肌に汚れが残ってしまうことより、洗いすぎてしまうことの方が
よっぽど肌にはダメージ大。

37度以上の熱いお湯で洗顔したら
肌の保湿因子も溶けだしてどんどん乾燥してしまいます。

寒い冬だからこそ、落としすぎないことが大切です。

シャワーで洗顔も注意が必要

お風呂に入ったついでにシャワーで顔を洗っていませんか?
シャワーで気を付けたいのが水圧。

お肌の表面はたった0.02mm
ラップ2枚分しかありません。

そこに水圧の強いシャワーを当てたら、バリア機能を壊してしまいます。

一番いいのはお風呂に出た後、ぬるま湯で洗顔するのがいいのですが
どうしても面倒くさければ、直接シャワーを当てないように
手にためてから顔を優しく洗うようにしてみて下さいね。

洗顔の仕方で冬のお肌は大きく変わってきます。
せっかく育てた角質をしっかりと守ってきましょう。




☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

「洗顔後に使うおすすめタオル」使い方や洗い方のポイント

2014.08.23.Sat.12:00
肌断食や角質培養中に絶対に気を付けなければいけないのが、お肌への摩擦です。

洗顔やクレンジングの時にこすってはいけないのはもちろんですが、その後のタオルのふき取りが適当になっていませんか?

せっかく優しく洗ったのに、拭き取りでゴシゴシこすったり、硬いタオルを使っていたらせっかくの努力が台無しになっていしまいます。

お肌を傷めないためにタオルにもこだわりましょう。

洗顔後の水分のふき取り方

洗顔後は、水分が肌に残らないようにしっかりとふき取ることが大切です。
水分が残っていると、蒸発する時に角質がめくれてしまい乾燥の原因になってしまいます。

柔らかい肌あたりの良いタオルを、そっと5秒間くらい顔に押し当て水分を吸収させます。
この時絶対にこすらないように、肌に残った水分をタオルに移動させるような気持ちで行いましょう。

拭き取りにはお肌に優しいガーゼのタオル

ガーゼは柔らかく肌あたりが優しいので赤ちゃんの肌にも使えます。
吸収性もよく、乾きが早いのが特徴です。

P8220097.jpg

1番のお気に入りがこちらのガーゼハンドタオル

表面がガーゼで、裏面がパイル生地になっているので吸収力も高く、
市販のガーゼより柔らかくて細い糸を使っているからとても肌触りがいいです。

6枚セットで980円というお値段の安さも気に入っています。

小さ目のハンドタオルサイズなので朝の洗顔の時や
汗を拭きとったり、持ち歩きに便利です。

そして、これより大きなガーゼフェイスタオルもあります。

P8220103.jpg

こちらもとっても役立ってます!

先ほどのハンドタオルと同じメーカーで、一般的なフェイスタオルより長めのサイズです。
お風呂上がりに顔を拭いたり、髪の長い私でもしっかりタオルドライできます。

髪の毛も摩擦は気をつけなければなりません。
特に濡れた状態はキューティクルが開いているので、頭に巻いて水分を吸収させるように使っています。

このメーカーのガーゼタオルは、薄くて乾くのも早いから梅雨の時期の洗濯でもすぐ乾きました。
値段が安いのに質がいいからお気に入りです。

こちらを使い始めてからすっかりガーゼの魅力にはまってしまって、
無印良品でも同じようなバスタオルとフェイスタオルも購入しました。

P8220105.jpg

これは正直最初は、お高い割に失敗したなぁ…
と思ったのですが、何回か使い続けるうちに柔らかく水分の吸収が良くなりました。残念ながらもう販売されていないようなので残念です。

ガーゼ以外のお気に入りはオーガニックコットンのタオル

P8220109.jpg

マークス&ウェブというオーガニックブランドのもの。

これはもう7年前くらいに買ったタオルなんですけど、毎日使っても全然使い心地が変わらないんです!
お値段は少し高めですが、コスパは最高なタオルだと思います。

オーガニックなので肌にも優しいし、今でもふわふわでしっかり水分吸収します。

ハンドタオルフェイスタオルバスタオル全部お気に入りです。
同ブランドにはオーガニックコットンのガーゼタオルもあるみたいなので、いつになるかわからないけど、今のが古くなったら買い換えようと思っています。

タオルの正しい洗い方

タオルを洗うときは柔軟剤は絶対入れないことです。

柔軟剤はお肌の刺激になりますし、タオルを傷める原因にもなります。
アトピーや敏感肌の人は特に注意が必要ですのでお気を付けください。

ふわふわになって気持ちよく感じるかもしれませんが、水分の吸い取りもとても悪くなります。

衣服と一緒に洗濯をしていて、どうしても使いたい場合は、少し手間がかかりますがタオルとは別に洗うことをおすすめしますが、できることなら、肌に触れることを考えると衣服も柔軟剤は使わない方がよいです。

もっとこだわれるなら洗剤は、非接触性皮膚科学おすすめのトップ クリアリキッドにしましょう。
実験の結果、市販されている中で洗剤の成分が残らないのはこれだけだったそうです。

合成洗剤の界面活性剤が残ると肌への刺激になり、バリア機能を壊してしまいます。

タオルや洗剤にこだわることは、少し面倒なことかもしれませんが、
小さな事の積み重ねがお肌を回復させる近道ですので、できることから始めていきましょう。


関連記事:肌断食おすすめ本「何もつけない美肌術」




☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

洗顔石けんの選び方

2014.08.19.Tue.20:53
肌断食は基本洗顔をしない

洗顔料を使わない水洗顔が基本ですが、
パウダーファンデーションやフェイスパウダーなど軽いメイクをした日は純石けんで落とします。

お肌にとって一番刺激になるものはクレンジング。
界面活性剤が多く含まれていて肌のバリアを壊してしまいます。

リキッドファンデーションやしっかりケミカルなメイクをした時は
クレンジングが必要ですが、軽いメイクなら石けんで十分落ちます。

メイクの負担とクレンジングの刺激を考えると
なるべく軽いメイクの方が、お肌が回復が早くなるのは間違いないです。

純石けんの選び方

■成分は「石けん素地100%」「カリ石けん素地」のみ
■香料や保湿成分などが入っていない
■洗顔用のもの


石けんなら何でもいいわけではありません。
石けん基材だけで作られた無添加のものを選びましょう。

純石けんにも界面活性剤は含まれますが
クレンジングや洗顔フォームなどに使われるものよりも
肌に残りにくいので肌への負担が少ないです。

無添加と書いてありながら保湿効果をもたせるために
グリセリンや香料を含んだ石けんもあるので気を付けてください。

また、洗濯用や食器洗い用として販売されているものもあります。
一応同じ純石けんには変わりないのですが、
精製度が違うので顔用、浴用と書かれているもののほうが安心です。

私が愛用している洗顔

sekken.jpg

私が使ってよかったものが誰にでも合うとはかぎりませんが、
石けん選びに悩んでいたら参考にしてみてください。

まず1つ目はカウブランド 無添加せっけん

kauburand3.jpg

皮膚科の先生もおススメしている純石けん。

カウブランドは牛乳石けんの赤箱や青箱が有名ですが、
これは完全無添加の純石けんなのでお間違えなく。

2つ目はミヨシ 無添加洗顔せっけん

mutenka.jpg

こちらも成分は石けん基材だけの純石けん。
私の細菌1番お気に入りの石けんです。

洗顔用ということで天然保湿成分が溶け込んでいるので、
しっとりが好みならこちらの方がツッパリ感は少ないです。

どれも使うときはネットなどで泡立ててから洗顔します。
泡で洗うようにして絶対にこすらないのが重要です!

時間がない時は同じメーカーの
泡で出てくる無添加泡の洗顔せっけんも便利です。

form.jpg

こちらも成分は石けん素地と水だけの無添加です。

詰替えもあるので経済的。
泡立てネットを使用しなくてもいいので雑菌などの衛生面も安心ですし、
手間がかからずモコモコの泡が出てくるので気にいっています。

きめ細かい泡でお肌に負担をかけず洗えます。

今までしっとりする洗顔アイテムを使っていた人は
純石けんのさっぱりつっぱる感じにびっくりするかもしれませんが、
それ肌が甘やかされて弱っている証拠。

肌が育って角質が元気になると洗顔後もつっぱらない肌になります。

追記:最近買ってとても良かった石けんを追加。
こちらのシャボン玉石けん ビューティーソープ 100gです。

2015-08-31_0059.jpg

シャボン玉石けんの中でもワンランク上のプレミアムな石けん。
上質な精製度の高い油脂を使用しています。

驚くべきは泡立ちと洗い上がりのしっとり感。
無添加石けんの泡立ちの悪さや、つっぱるのが苦手な方におすすめです。

詳しくは、シャボン玉石けん「ビューティソープ」が優秀で書いていますので、よろしければこちらもご覧になってみてください。

最後に、どうしても石けんが合わない、肌が荒れてしまうという方へ。
ここからは無添加ではないのですが、おすすめの石けんをご紹介します。

まずは1つめ、サッポー ピュアマイルドEXソープ

sappou.jpg

(ソープ専用のケースは別売りです。)

肌を育てる角質培養を推奨する会社サッポーの洗顔です。

肌に優しい材料を使用して作られた
刺激物質遊離アルカリを0にした石けん。

他の石けんより泡立ちも良いので初めての人も使いやすいです。

2つ目は、パックスナチュロン フェイスクリアソープ

P3310068.jpg

合成界面活性剤、合成酸化防止剤(エデト酸等)、香料、着色料不使用。
肌に優しくつっぱりにくい石けんです。

それでも石けんが刺激になってしまうという人は、
しばらく洗顔はお休みして水洗顔のみ続けて、肌が育ってきてから使ってみて下さい。
洗顔後肌がつっぱるということは、それだけバリア機能が低下している証拠です。

肌断食にとって洗顔アイテム選びは重要なポイント。
間違ったものを購入してしまわないように、成分をよく確認してから購入しましょう。




☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

続きを読む "洗顔石けんの選び方"
« Prev | HOME |