『肌断食』~角質培養はじめました~ HOME > カテゴリー [洗顔 ]

シャボン玉石けん「ビューティソープ」が優秀

2015.09.03.Thu.14:04
ファンデーションや日焼け止めを使った日は、石けん洗顔は必須。
クレンジングは肌のバリア機能を低下させるため使わない方がよいです。

今使っている石けんもお気に入りなのですが、良さそうな石けんを見つけたので試してみました。

シャボン玉石けんの中でも最高級プレミアムな石けん。
シャボン玉 ビューティーソープ 100g 3個入りです。

2015-08-31_0051.jpg

普通のシャボン玉石けん浴用が100g140円なのに対して、こちらは100g216円。
お値段もプレミアムになっています。
といっても、洗顔フォームなんかよりはずっとリーズナブルですけど。

もちろん成分は、石けん素地のみの100%無添加です。

普通のシャボン玉石けん浴用よりも精製度の高い油脂を使用し、原料の配合も変えたワンランク上の石けんになっており、シルクのようになめらかで濃密な泡が、しっとり洗い上げるというもの。

これは、試してみたくなりますね。

開けてみると、イメージキャラクターが描かれたかわいい石けん。

2015-08-31_0059.jpg

見た目やさわり心地は、普通の石けんと変わりないのですが、びっくりしたのはやはり泡立ち。

手で泡立てるだけで簡単に細かい泡ができました。

2015-09-02_0169.jpg

説明の通りシルクのようななめらかさです。

無添加の石けんだと、サクサクしたたよりない泡ができる物がほとんどですが、これはどちらかというと普通の洗顔フォームに近い泡立ち。
肌の摩擦が気になる人でも使いやすいのではないでしょうか。

シャボン玉石けんのパンフレットには、簡単なメイクは、石けんで落ちる。ウォータープルーフの日焼け止めやメイクを使った時は純オイルで落としてから使用すると書かれています。

私の行っている肌断食の方法と同じだったので、好感が持てました。
詳しいやり方は、過去記事に書いています。

過去記事:
肌断食流『石けんだけでメイクを落とす方法』
オリーブオイルを使ったポイントメイクの落とし方

洗い上がりもツッパリを感じず、不思議としっとりしていました。

さすが創業105周年の技術はすごい。

無添加石けんだと、どうしても乾燥してしまうという人でもこれなら使いやすいと思います。

無添加石けんの選び方のページにも追加しておきました。

元々は合成洗剤のメーカーでしたが、社長自らが肌荒れに悩むようになり、無添加の石けんに変更したところ、肌荒れが治ったことから、無添加の石けんを広める活動をされてきました。

最初は、なかなか受け入れてもらえず大変苦労したそうです。

そんなご自身の経験から、お肌と環境に優しいい石けんを作り続ける経営理念にも魅かれました。

パンフレットを見ると、他にも魅力的な製品がたくさんあったので、少しずつ試してみたいです。







☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

肌をあたためない洗顔、その後

2015.08.28.Fri.15:01
肌をあためないように気をつけ始めて約1週間。

今までぬるま湯洗顔だったり、お風呂で顔をさわったりしていたのをやめて、とにかく肌をことに注意してみました。
ちょうど大事な予定もなかったので、ずっとノーメイクで過ごし石けん洗顔もなし。

始めたきっかけは、この前読み返した本水だけ洗顔で、一生美肌! のべ100万人の肌をみてきた皮膚科医が教えます (実用単行本)

詳しくは、過去の記事で書いていますので、よろしければ先にチェックをお願いします。
過去記事:夏は水洗顔で美肌になるチャンス

さて、1週間やってみた感想ですが、確かに乾燥は減ってきました。

でも、ひとつ気になるのが、現在生理前の黄体期だということ。一番肌が荒れやすい時期でもあります。

私の場合、生理前になると皮脂の量が増えるため、水だけで落とせているか心配になりました。
宇津木式では、ぬるま湯推奨ですし、石けん洗顔もするのでどうなのかなと。

そこで、著者、平田雅子先生の本をもう一冊取り寄せてみました。

2015-08-26_0003.jpg

肌断食の本じゃないので、スキンケアや化粧品のお話も出てきます。

でも、やはりそこは皮膚科医。

■洗顔で皮脂を落としすぎることは危険
■化粧品を塗りすぎるのは良くない
■もっとも安全で誰でも使えるのはワセリン

など、肌断食と通じる話もたくさんあり、読んでいて面白かったです。

そして、肝心の月経周期と肌についても詳しく書いてありました。

肌のしくみや取るべき栄養素など、体のリズムに合わせて肌と向き合う方法が、初めて知る人でも分かりやすく説明されています。

ちなみに私の気になっていた洗顔については、月経前のみ洗顔を泡立てて使っても良いとのこと。

月経前は、私のように脂っぽくなる人もいれば、乾燥してしまう人もいます。

ベースのやり方を守りつつ、自分の肌の様子を見極め、やり方を変えていく柔軟性も美肌の秘訣なのでしょう。

特に女性の体は、1ヶ月で目まぐるしく変わるため、とてもデリケートですから。
表面だけでなく、体の中からバランスを整えていきたいです。

この本を読んで、また新たな知識を知ることができ、とても参考になりました。
肌断食の情報ばかり見ていると、頭でっかちになってしまう部分もあるので、たまに違った視点で書かれた本を読むと面白いです。

とりあえず水洗顔を続けて、肌の様子を見ながら生理前の脂っぽい部分のみ、少しぬるま湯にしたり純石けんで洗顔してみようと思います。

また変化があったらご報告します。







☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

夏は水洗顔で美肌になるチャンス

2015.08.19.Wed.15:40
肌断食関連の本を読み返していたら、気になる本が一冊出てきました。

以前にも紹介した皮膚科医平田雅子さんの著書水だけ洗顔で、一生美肌! のべ100万人の肌をみてきた皮膚科医が教えます (実用単行本)

PB140022.jpg

51歳にして肌年齢34歳の美肌ドクター。

洗顔は絶対に水だけということに重点を置いた美容法。

「肌はあたためると老ける」というのが最大のポイントで、ぬるま湯もNG、お風呂の蒸気や洗髪の時に顔にかかるお湯すら肌の乾燥を招くというもの。

洗顔の時の水の温度には気を付けていたつもりですが、ここまで徹底できていませんでした。
どうせ始めるなら水が冷たすぎない夏がチャンスということで、一昨日からチャレンジしています。

水洗顔で気を付けたポイント

・洗顔は水だけ
メイクや日焼け止めを使っていない日は水のみの洗顔。
朝は絶対に石けんを使いません。
今までも同じようにやっていましたが、さらに水の温度を下げました。

・お風呂では顔を濡らさない
湯船につかった時に、濡れた手で顔を触ったり、髪の毛を洗う時も絶対にお湯が顔にかからないようにします。
洗い残しの無いように、生え際は美容師さんが手で水を溜めながら洗うように流す。

今まではシャワーをぬるま湯にして顔をゆすいだりしてしまっていましたが、お風呂では一切顔に触れず、出てから洗面所で水だけ洗顔を実行しました。
お風呂上がりは水分が蒸発しやすくなっているので、乾燥する部分にはワセリンを付けておきます。

これまでやってきたことと重複する点もありますが、お風呂の中の過ごし方などは改めて気をつけるようにしました。

すると、驚くことにたった2日で肌に変化が。

P8190031.jpg

まず、お風呂上がりに肌が乾燥したり、赤くなったりすることが無くなって、洗顔する時の肌触りが変わりました。
見た目にもツヤがあるように感じます。

マイクロスコープで撮ったものを比べてみても全然違う。

mizu1.jpgmizu2.jpg

艶が出て、キメの一つ一つがふっくらしています。
肌をあたためないだけで、こんなにも変わるとは驚きでした。

早い人は翌日から、遅くとも1週間以内には効果が出てくるそうです。

私は小さいころからアトピーがあり、特に皮脂が少ないタイプなのでより実感しやすかったのかもしれません。
皮脂分泌の過剰な思春期には、あまりお勧めできない方法かもしれませんが、私のような乾燥肌タイプの人にはとてもおススメできると思いました。

特に、30歳をすぎるとほとんどの人が皮脂が少なくなるため、若いころと同じように熱いお湯でさっぱり洗顔していると大変なことになるので、乾燥してから補うのではなく、乾燥させないことが大切です。

夏は気温が温かく、冷たい水も使いやすいため、水洗顔を試すのには絶好の季節です。
乾燥の気になる方は、水洗顔にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?




こちらの本については、過去記事にも書いていますので、よろしければ合わせてご覧になってみて下さい。
過去記事:肌はあたためると老ける!?水洗顔で一生美肌




☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

「フランス式洗顔」は日本人には不向き

2015.07.27.Mon.15:02
「フランス式洗顔」とは

187447.jpg

「フランス式洗顔」とは、簡単に言うと石けんやお水で洗顔せず、クレンジングクリームでふき取るだけ。

石けんは肌の刺激になるから、クレンジングクリームで優しく浮かしてふき取りましょう。
これがフランスでは常識です。など、雑誌や広告などで言われ、日本でもブームになった洗顔方法です。

海外で常識といわれると、つい試したくなってしまう気持ちを上手く利用していましたね。

しかし、その結果どういうことが起きたかというと、毛穴の黒ずみやニキビなど、肌トラブルを訴える女性がふえたそうです。
なぜ、フランスの常識が日本に通用しないのか、その答えは水質の違いにあります。

フランスの水と日本の水

cd00592f6c3ade77c52c5300d7fcf57d_s.jpg

フランスは硬水、日本は軟水

なぜ水質が石けんと関係があるかというと、硬水は、石けんが泡立ちにくく、大量の石けんカスが発生しやすいという事。
フランスで石けんを使うのは良くないといわれているのはそのためです。

実際に私も研修でフランスへ行った時に、普段使用している洗顔料やシャンプーがいつもより泡立たず、すごく使いにくかったのを覚えています。
さらに、使用し続けると肌荒れがおきて、髪の毛はバサバサのゴワゴワになってまったくまとまらない。

現地の美容部員の方に聞くと、みなさん洗顔はせずふき取り飲み、シャンプーも毎日はしないらしく、化粧品コーナーにも洗顔というものがほとんどなくて、クレンジングクリームがたくさん並んでいました。

日本がどれほど上質な水に恵まれているか改めて実感した出来事です。

海外に行ったことがある方ならお分かりかと思いますが、決して水道水を飲んではいけないといわれます。
蛇口から出る水を美味しく飲めることが当たり前の日本では考えられないですよね。

日本のエステでも、クレンジングをしてコットンや蒸しタオルでふき取っていますが、それはベットに寝たまま洗い流すことができないから。
お役様にわざわざ洗面所に顔を洗いに行ってもらう手間を省いているだけです。
本当は、洗い流した方がいいに決まっています。

お水で洗わずに肌の汚れを落とすことはできません。

ふき取るだけは、肌の汚れを塗り拡げているだけ。
さらには、こする刺激が加わって、肌へのダメージは大きくなります。

例えば、料理で油まみれになった手を洗わずにふき取るだけですっきりしませんよね。

肌についた汚れや皮脂はは水で洗い流す、メイクをするなら石けんで落とす。

顔だけ一生懸命洗ったり、過保護になりすぎたり、保湿しすぎたり…。
顔だけ特別に考える必要はありません。

何が常識かは、肌の状態、環境、生活によって様々です。

情報に流されず、自分の常識を見つけること。
それが、美肌への正しい道だと私は思います。




☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

肌断食流「正しいぬるま湯洗顔のやり方」温度と洗い方

2015.05.14.Thu.18:11
cd00592f6c3ade77c52c5300d7fcf57d_s.jpg

間違った洗顔の常識

■洗顔は洗顔料を使わないと汚れを落とない
■皮脂や汚れをしっかり落とす
■朝も洗顔料を使って洗顔する


テレビや雑誌などで耳にタコができるくらい聞く言葉ですが…
実は肌断食からすると、これらはすべて間違いです。


落としすぎるから乾燥する→保湿するという負のスパイラルに陥っていませんか?

落としすぎることをやめる

ほとんどの方が、乾燥しているから肌がつっぱるのではなく、落としすぎるから乾燥しています。

皮脂を落としすぎると、バリア機能が低下しキメが乱れ、肌は皮脂を補おうとして皮脂腺が大きくなります。
すると、テカリや毛穴の開き、ニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなります。
一見皮脂が多いように見えて、中身はカラカラの隠れ乾燥肌の状態です。

さらにもっと皮脂を落としたいからと、追い打ちをかけるようにスクラブ洗顔なんてしたら、スクラブが肌表面に小さな傷を付け、ボコボコとした凹凸のある肌になってしまい、なかなか治らなくなってしまいます。

また、目立つ皮脂は無くても乾燥しすぎると肌が硬くなって毛穴が詰まることもあります。
どちらにしても、落としすぎは肌にとって良くない事は間違いありません。

しかし、いくら落としすぎが良くないからといって、洗わなければいいというわけではありません。

肌は、寝ているだけでも自分から出た皮脂や汗、ほこりなどが付着しています。
この皮脂は時間がたつと、酸化し過酸化物になり、体が異物として炎症を起こしニキビの元になってしまいます。

だからといって洗顔料は使う必要はありません。
皮脂はもともと体温で溶け出てきたものなので、ぬるま湯で汗やほこりと一緒に落とすことができます。


ぬるま湯洗顔のポイント

133779.jpg

■35℃以下のぬるま湯を使う

35℃はどちらかというと、お湯より水に近いくらいの温度です。
体温より高いお湯は、皮脂だけでなく肌の保湿因子までも流してしまいます。
37℃を超えると石けんを使用したのと同じくらい洗浄力になってしまうので、必ず体温以下のお湯で洗顔しましょう。

■こすりすぎたり力を入れない

肌のバリア機能はたった0.02mm。ラップ1枚分しかありません。
強くこすると簡単にはがれてしまうので気をつけましょう。
また、水流の強いシャワーを直接顔に当てるのもやめた方が良いです。

正しいぬるま湯洗顔のやり方

まずは、手を洗って清潔にしましょう。
髪の毛は落ちてこないように、ターバンやピンであげておきます。

準備が出来たら手を洗面器のようにして水をため、その中に顔を付けるように洗います。
顔につけたら、手を押したりはなしたりして水の振動だけで洗うようなイメージ。
これを数回繰り返します。

多少皮脂が残っても問題はありませんが、垢が残りすぎてしまうのは問題です。

小鼻などベタつきが気になる部分は、産毛の先端をなでるように優しく洗う「うぶ毛洗い」で残った皮脂を落とします。
豆腐の表面をなでるようにそっと行いましょう。

美肌になるためには、落としすぎも落とさなすぎもNG。
何事もほどほどに、やりすぎないことが大切です。


関連記事:「洗顔後に使うおすすめタオル」使い方や洗い方のポイント






☆お知らせ☆

■Twitterで記事の更新や肌断食ネタをつぶやいています
ご興味のある方はフォローよろしくお願いします
→Twitterアカウント@bihadayumeko

■みんなの肌断食掲示板を開設しました
肌断食に関する疑問、お悩みなど投稿お待ちしております
肌断食BBSはこちら

~お知らせ~
コメント、BBSは承認制になります
申し訳ありませんが、現在産休のため、コメント、BBSへの個別のお返事は控えさせていただいております
ご質問などについては、体調を見ながらブログ内にてお答えさせていただく予定です

 | HOME | Next »